2009年11月03日

アムロ・レイについて・その3

以後、カミーユやクワトロをサポートする役としてアムロは活躍します。
ロンド・ベル隊が発足した後は、MS隊の隊長として、旗艦であるラー・カイラムに乗ります。
そして、アムロは自ら設計を行った、「vガンダム」を操り、ライバルであるシャアと戦いました。

「機動戦士ガンダム・逆襲のシャア」で、アムロは、アクシズの落下を止めようとして、vガンダムでそれを押し戻します。
この時、落下阻止は成功しましたが、この過程でアムロは、シャアと一緒に行方不明となりました。
これがアムロの最後でした。
アムロは当時28歳から29歳だと思われます。

では、アムロ・レイとはどんな性格の持ち主なのでしょうか。
最初の「機動戦士ガンダム」の中では、内向的なイメージがあります。
この作品では、とにかく性格が暗く描かれていました。

次の「機動戦士Zガンダム」になると、軟禁されたことで鬱屈していたアムロでしたが、周囲のおかげでまたモビルスーツに乗る決心をしました。
ですが、ララァの死がトラウマとなっていることで、彼女の魂が彷徨っている宇宙へまた行くことには躊躇していました。
その次の作品、「機動戦士ガンダム・逆襲のシャア」の中では、アムロも大人になり、社交性が出てきました。

永遠のライバル、シャア・アズナブルには「赤い彗星」という異名があります。
「赤い彗星シャア」はかなり有名な異名ですよね。
これと同じく実はアムロにも「白い悪魔」とか、「白い流星」などと呼ばれることがありますが、あまり知られていないようです。
この呼び名はファースト以後、ガンダム関連のゲームなどで使用される呼称のようです。
ちなみに、本編では「連邦の白い奴」と呼ばれていることもありました。
posted by ガンダム at 20:45 | TrackBack(1) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムロ・レイについて・その2

「機動戦士ガンダム」に登場するアムロ・レイ。
アムロはサイド7という地域に住んでいて、当時は機械いじりが大好きな少年でした。
戦闘とはまだ縁もない、とても内向的な子供だったのですが、ある日、サイド7へジオン軍が侵攻、その時、アムロは偶然にもガンダムのマニュアルを手に入れます。
そして、自分でも驚くことに、RX-78-2のガンダムを操縦することが出来ました。
そして敵を撃退したのです。
当時のアムロの年齢設定は15歳から16歳でした。

これ以後、現地徴用兵として戦争に参加します。
アムロは主にガンダムのメインパイロットとなり活躍します。
敵であり、ライバルである、ジオン軍のシャア、また、ランバ・ラルとの戦いを通じて成長して行きます。
そして、ニュータイプへと覚醒します。
女性パイロットでありニュータイプであるララァ・スンとの出会い、そして彼女との死別、これがアムロの心にトラウマを残すことになりました。

「機動戦士Zガンダム」では、一年戦争の後、北米シャイアンにある旧防空司令部基地の管理をすることになりました。
また、ニュータイプという理由だけで、アムロは7年間、軟禁されていましたが、カツによって復活します。
その軟禁中に、エマ・シーンと出会います。
当時のアムロの階級は大尉でした。

その後、ベルトーチカに戦闘意欲を奮い立たされ、アムロは再び戦いに出ます。
アムロはカラバのメンバーの一員として、以前の仲間、そして以前のライバルと一緒に戦うことになりました。
この時のアムロの年齢設定は22歳から23歳でした。
posted by ガンダム at 20:45 | TrackBack(0) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムロ・レイについて・その1

機動戦士ガンダムには様々な登場人物が存在しますが、何と言っても一番有名な人物は主人公のアムロ・レイですよね。
ガンダムにそれほど詳しくない人でもアムロ・レイの名前くらいは知っているという人も多いでしょう。

では、主人公のアムロ・レイとは、どんな人物なのでしょうか。
作品中では宇宙世紀、0064年生まれで0093年に行方不明ということになっています。
アムロが死亡したかどうかは、はっきりしないようです。
やはりヒーローはみんなの胸の中にいつまでも生き続けるのでしょうね。

作品によると、宇宙世紀0064年11月4日にアムロは生まれました。
父はテム・レイであり、母はカマリア、この夫婦の一人息子として誕生しました。

誕生からアムロが何処で過ごしたかは沢山の説があります。
ガンダムの劇場版では北アメリカ、太平洋沿岸地域で過ごしたとなっています。
テレビアニメ版では日本の山陰地方となっています。
他にも、ロサリトや旧モンゴリアなど、いろいろな説があり、定説がありません。
その作品により、設定がまちまちなのですが、アニメにはよくあることかもしれませんね。

アムロは幼い頃、母であるカマリアと離別しました。
そして父、テム・レイと一緒に宇宙へ移民したことになっています。
そのころ、宇宙のどの場所で暮らしていたのかは、明確ではありません。
宇宙世紀0078年5月からサイド7への移民が始まったため、アムロがそれまで他のサイドに住んでいたと思われます。
また、父、テム・レイが、アムロにコロニー建設現場を見せたいため、当初からサイド7の付近に住んでいたという説もあります。
posted by ガンダム at 20:45 | TrackBack(0) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。