2009年11月03日

実物大ガンダムと記念撮影・その1

2009年夏、東京のお台場潮風公園に建てられた実物大「機動戦士ガンダム」、ファンの方でしたらご存知でしょうね。
実物の大きさのガンダムが見られると言うことで話題を呼びましたね。

そのガンダムの肩の位置で、特別に記念写真が撮影できる権利が、先日、オークションに出品され、260万1000円で落札されました。
この権利を落札した人物は美濃部達宏さん、34才でした。
この撮影は2009年8月1日に無事に終了しています。

そもそも、実物大ガンダムの肩で記念写真を撮れるという権利、これにはどのような経緯があったのでしょうか?
この権利を作ったのは「GREEN・TOKYO・ガンダム・プロジェクト実行委員会」です。
これは、2016年に開かれるオリンピックを東京に招致しようと言うキャンペーンの一環でした。

では、オークションの落札代金である260万1000円のお金はどこへ行くのでしょうか?
このお金は、この実行委員会を通して「東京オリンピック、パラリンピック招致委員会」へと寄付されます。

こんな高額で落札した、美濃部さんとは、いったいどんな人なのでしょうか?
美濃部さんは、もちろんガンダムファンなのですが、フィギュア、ガンプラは何も持っていないそうです。
「ガンダムはこんなに小さくない」と言う理由からと言いますから、今回、一緒に撮影できた実物大ガンダムは、夢が実現されたと言えますね。
「人生の思い出」を作りたいという一心でオークションに入札していたということです。
posted by ガンダム at 20:45 | TrackBack(0) | ガンダム | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。