2009年11月03日

ガンダムの基礎知識・その2

ガンダムの素材としては、装甲はルナチタニウム合金が使われています。
固定武装としては、バルカン砲や、ビームサーベル、そしてビームジャベリンがあります。

また、オプション武器としてビームライフルやハイパーバズーカがあります。
ガンダムハンマーやシールドなどもあります。
ガンダムの型式番号はRX-78-2で、兄弟機種としてはガンキャノンと呼ばれるRX-77-2やガンタンクと呼ばれるRX-75などが存在します。

と言うことで、ガンダムについての基礎知識をいろいろと説明してきましたが、おわかりになったでしょうか?
「ガンダム」とは、機動戦士ガンダムのことであり、また、このアニメの総称ということになりますね。
また、もう1つの意味としては、アニメの中に出てくる、主役であるモビルスーツのことをガンダムと呼びます。

一方、宇宙世紀世界のガンダムとは、初代ガンダムにあやかっているということです。
また、ガンダムという名称の由来ですが、アニメーション作品である「機動戦士ガンダム」の企画初期にあった名前の候補を組み合わせたと言われています。
ガンボーイから来た「ガンボイ」、そして「フリーダムファイター」です。
銃(ガン)と自由(フリーダム)を組み合わせた言葉が「ガンダム」なのです。

また、「新機動戦記ガンダムW」においては、材質のガンダニュウム合金がその名前の由来となっています。
ガンダニュウム合金とは、電気的に中性である異種構造を持った宇宙製合金です。

そして「機動戦士ガンダムSEED」においては、使用されているOSの頭文字を取って付けた名称です。
その作品によって、名称の由来も少し違ってくるということなのですね。
posted by ガンダム at 20:45 | TrackBack(0) | ガンダム | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。